観葉植物を置くことによるメリットとは?

観葉植物の世話の仕方

観葉植物は他の植物より世話が難しいというイメージを持っている人も少なくありません。
もしもこれから始めていくというのであれば、初心者向けの育てやすいものを選ぶといいでしょう。
観葉植物にも見た目の違いだけでなく、特徴の違いなどもあるのです。
また、基本的な世話として水やりがありますが、鉢の土が乾く前に与えるようにするものもありますし、乾いてから与えるようにするものなどがあります。
他には、乾いてから3~4日ほどおいてから与えるというものもありますので、購入前に世話の仕方はきちんとチェックしておきましょう。
多くの観葉植物に言える事ですが、水のやりすぎは逆に根腐れなどを起こす原因となりますから、土の状態なども良く確認しなくてはいけません。
季節によっても変わりますし、植物を置いている場所が日当たりの良い場所なのか、それとも陰になる場所なのかでも加減をしないと、あっという間に枯れてしまうのです。
水やりは想像以上に重要です。
ただ植物に水分を与えるというだけではなくて、鉢という小さい空間の中の土に空気を与えるという役目もあります。
それぞれの植物にあった水やりをしていけば綺麗な状態を保てますので、しっかり世話をしていきましょう。

観葉植物のある暮らし

観葉植物はナチュラルなインテリアとして人気を集めています。
観葉植物にはさまざまな種類があります。
代表的なものは丈夫で管理がしやすいアイビー、ポトス、空気清浄効果があるというオリヅルラン、大型のパキラ、ベンジャミンなどです。
水やりがほとんどいらないサボテンや、エアプランツなども人気があります。
その育て方のポイントは、日当たりと水やりと温度管理、そして風通しです。
日当たりについては、夏の直射日光を避け、適度な明るさのあるところにおきます。
日光が入りにくい部屋の場合は、シュロチク、テ-ブルヤシなど日陰を好むものを選びましょう。
水やりは、やりすぎても少なすぎても、枯れる原因になってしまいます。
水やりのタイミングは、土の表面が乾き、さらに土の中を指で触ってみても乾いた状態のときです。
植木鉢の底から受け皿に少し水が出るほど与え、受け皿に溜まった水は捨てます。
サボテンや、エアプランツなど、中には霧吹きを吹くだけでいいようなものもあります。
温度管理については、植物によって耐暑性、耐寒性が違いますので、性質に合わせて、涼しい部屋あるいは暖かい部屋に置くなど対処が必要です。
風通しについても、空気が停滞しないように、時おり窓を開けるなどしましょう。
虫がついた場合ですが、特につきやすいのがコバエとハダニです。
コバエは専用の殺虫剤で駆除できます。
ハダニは水に弱いので霧吹きなどで吹きかけるといいでしょう。
植物ですので管理に多少の手間がかかりますが、だからこその喜びや楽しみがあるのが観葉植物だといえます。

Valuable information

無料で利用をすることのできるモニター・キャンペーンサイト。

ゲッティーズ

贈り物としても喜ばれる人気ブランドのボールペンをお届けします。

パーカー ボールペン 名入れ

逗子で不動産をお探しの方を熟練のスタッフがサポートします。

逗子で不動産を探す

2017/9/14 更新